カテゴリー
未分類

ほうれい線を消すためのお肌の表皮の対策

ほうれい線を消す対策にはお肌の表皮からもケア

ほうれい線の仕組みを知ることが対策の基本です。
まずそれを理解して、ほうれい線を消す方法を学びましょう!

いよいよ素肌の季節がやってきました。体中のムダ毛処理にシェイプアップも準備完了。

お化粧をしていざお出掛けと言うそんなとき鏡の前に立ってびっくり、いつもはそこまで気にならないのに口の周りに深く入った日本のシワを発見し、一生懸命ファンデーションで埋めようとした。

そんな経験をお持ちの方実は多いのではないでしょうか?

その「しわ」実はシワではないかもしれません。

今回はそんな口周りにできやすい「ほうれい線」の対策を各部位ごとに細かく検証していきたいと思います。

ほうれい線が気になる女性

ほうれい線とは

ほうれい線とは頬と口唇周りの境界線のことで、実はいわゆる「しわ」ではなく多くの人に当たり前に存在するものです。

しかし、ほうれい線の目立つ顔は実年齢よりも老けて見える原因となります。

ほうれい線が目立つ物理的要因として考えられるのが、顔のたるみです。

顔のたるみは、肌の弾力が無くなってくることによって、これまで重力に逆らって下がることなくいた顔の表皮や筋肉が重力に逆らえずに落ちてくることで生まれる老化現象です。

そこで多くの女性と美容関係のブランドはこのほうれい線対策にありとあらゆる方法でアプローチしています。

そもそもなぜすべての人間に存在するほうれい線が目立つ人と目立たない人がいるのでしょうか?

そして、どのようなアプローチが可能なのでしょうか?

実際に見ていきましょう。

ほうれい線と表皮の関係

ほうれい線が目立つようになる原因は加齢、乾燥、喫煙、ストレス、紫外線の他ビタミン不足などが挙げられます。

ではこのような肌ストレスを受けた時表皮はどのような状態になるのでしょうか。

老化現象から発生するほうれい線は人間の細胞の衰えと深く関係します。

もちろん表皮も細胞の一部ですので関係があります。

人間の表皮の構造は外側から、角層(かくそう)・顆粒層(かりゅうそう)・有棘層(ゆうきょくそう)・基底層(きていそう)の順に重なっています。

この表皮を作っている細胞のことをケラチノサイト(角化細胞、かくかさいぼう)と言います。
このケラチノサイトが変化して作られるのがシミや日焼けの原因となるメラノサイト(色素細胞)です。

シミやシワ、たるみの原因で共通するのが太陽光線から照射される紫外線です。

表皮には紫外線をバリアする免疫機能があり、肌がこの免疫機能を最大限発揮するためには表皮を構成するケラチノサイトに十分な水分がいきわたっている必要があります。

つまり、ほうれい線を濃くする紫外線から健康なしわの少ない肌を守るためには表皮に十分な水分を与えてやるスキンケアが必要になります。

ほうれい線の表皮対策

ほうれい線を濃くしないための表皮対策として、まず挙げられるのがセラミドやプロテオグリカンを配合しているスキンケア化粧品を使うということです。

セラミドは人間体の中では特に肌の角質層の中のケラチノサイトの間でスポンジのように水分や水分を閉じ込めておく油分を抱え込んでいる存在で、専門用語にすると細胞間脂質と呼ばれるものです。

このセラミドは先ほどご紹介した角層(かくそう)・顆粒層(かりゅうそう)・有棘層(ゆうきょくそう)・基底層(きていそう)の全ての層にいて、層同士を接着する役割を果たしています。

ちなみにこのセラミドは細胞間脂質の半分の量を占めていますので、無くなるとうるおいはもちろんのこと、潤いを閉じ込めておく油分も減少してしまい、いわゆる乾燥肌の状態へと陥ってしまいます。

ではそんなセラミド、化粧品に配合される際にはどのような素材から調達されるのでしょうか。

セラミドは昔、牛などの動物性のものが使われていましたが、現在は狂牛病の危険性からコンニャクイモや小麦、コメ、大豆、ほうれん草などの植物性のものが使用されています。

またプロテオグリカンはタンパク質と糖が結合してできた化合物で、鮭の鼻の軟骨から採取することができます。

もちろん一般のご家庭で鮭の鼻の骨を手に入れられたとしてもすぐに美容に使うことはできませんが、鮭のアスタキサンチン効果も考えると肌を美しく保ちたい女性にとって鮭は良い見方と言えるでしょう。

まとめ

ほうれい線の表皮対策において欠かせない栄養成分は、セラミドとプロテオグリカンであることが分かりました。

これに忘れてはいけないものがもう1つあります。
それが肌と人体が十分に潤うだけの水分です。

水分と2つの美容成分を一回で補給できるのがスキンケア商品です。

スキンケア商品の中には細胞の水分を蒸発させてしまう、アルコール配合されているものもあり、スキンケア商品を選ぶときは商品の裏側をしっかりみて確認する必要があります。

ぜひ、セラミドとプロテオグリカンの配合されたスキンケア商品で、実年齢よりも若々しくみられる肌を手に入れましょう。
最後にほうれい線の仕組みを知って消す対策をしたいなら、この記事がおすすめです。

カテゴリー
未分類

エイジングケア化粧品にご興味のある皆さんへ

ホンモノのエイジングケア化粧品なら

今回の記事では、エイジングケア化粧品「ナールス」をご紹介します。

アラサー、アラフォーになるとでほうれい線、しわ、たるみ、しみなどのエイジングサイン。

こんな肌悩みに本当に良いエイジングケア化粧品ってどんなものでしょうか?

お肌のハリやツヤを維持し、健やかで美しい素肌のままでいるために、選びたいホンモノのエイジングケア化粧品。

誰もが、そんなエイジングケア化粧品を正しく選んで、正しく使いたいですね。

どれだけ高価で素晴らしいブランドのエイジングケア化粧品であっても、全ての女性にとって良いとものとは限りません。

でも質の高いエイジングケア化粧品は、存在します。

そこで効果が期待できるエイジングケア化粧品の条件を満たすエイジングケア化粧品を紹介します。

自分に合ったエイジングケア化粧品を選んで正しくエイジングケアを行えば、

①素肌が健やかでいられる。

②何歳からでもエイジングケア効果が期待できる。

③エイジレスな肌を手に入れることも期待できる。

といったメリットがあります。

そんなエイジングケアのためには、お肌の老化の原因にしっかりアプローチしてくれるエイジングケア化粧品を選ぶことが大切です。
それがナールスのエイジングケア化粧品です。

エイジングケア化粧品で美肌になった女性

お肌の老化の大きな5つの原因とエイジングケア化粧品

お肌の老化には、様々な原因が絡み合っていますが、中でも

1.紫外線による光老化

2.お肌の酸化

3.お肌の乾燥

4.真皮の機能低下(コラーゲンやエラスチン減少・線維芽細胞の衰え)

5.表皮の機能低下(セラミド減少・バリア機能の低下)

この5つのお肌の老化のいずれかまたは複数に対して、アプローチするエイジングケア化粧品成分を上手に選ぶことがポイントです。
もちろん、エイジングケア化粧品でこれらの全てを解決できるわけではありません。

5つの老化をサポートするエイジングケア成分って

この5つの老化の原因をサポートする成分があります。

それは、ナールスゲンと呼ばれるエイジングケア成分です。

京都大学と大阪市立大学の共同研究で生まれました。

ナールスゲンは、

・極めて小さな水溶性成分でお肌に浸透しやすい

・安全性についても問題が無いことが証明されている

成分です。

その特徴は、

・線維芽細胞を守り紫外線による光老化を抑えるはたらきがある

・抗酸化物質であるグルタチオンを増やし、お肌を酸化から守るはたらきがある

・お肌の水分量を維持するはたらきがある

・線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、 HSP47を増やす

・表皮の傷の治癒を助けるはたらきがありバリア機能維持を助けるはたらきがある

のです。

ナールスゲンは、エイジングケア化粧品成分が持つべき条件にピッタリ!

ナールスピュアは人気No.1のナールスのエイジングケア化粧品

そして、そんなナールスゲンのエイジングケア化粧品のパイオニア的なブランドが、「ナールス」です。

ナールスブランドの通信販売公式ショップ「ナールスコム」では、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品でもっと早く世にでた「ナールスピュア」。
これが最も人気です。
2020年11月にリニューアルされました。
ナールスゲン配合のエイジングケアローションであるナールスピュアは、ナールスゲンに加えてビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体を配合したシンプルな処方で、@cosme(アットコスメ)で化粧水ランキング1位になったこともあり、500以上の口コミやレビューを集めています。

そのポイントは、次のとおりです。
・高浸透型ビタミンC誘導体APPS配合
・話題の保湿成分プロテオグリカン配合
・界面活性剤完全フリーを実現
・水性保湿油ウィルブライドS-753をプラスで配合
・アルコールフリー化粧水であり、着色料・香料が無添加の化粧水です。

さらに、ナールスピュアは、新たに3つの美容成分を追加して2020年11月にリニューアル。

1つ目は、セラミドを増やすビタミンC誘導体の3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(セラミドプロモーター)。

この成分には、敏感肌で起こっている皮膚の神経線維が伸びるのを抑制する効果があります。

2つ目は、ナイアシンアミド。

ナイアシンアミドは、ビタミンB群の一種で、別名「ニコチン酸アミド」または「ビタミンB3」とも呼ばれる成分です。

シワ改善、肌荒れ対策、美白ケアの医薬部外品の有効成分としての認可を得ています。

もちろん、化粧品成分としての使用も可能なので、エイジングケアにおすすめです。

3つ目がPCA-Na。

ピロリドンカルボン酸ナトリウムのことで、すでにご紹介したアミノ酸の代謝物質です。

美容液、保湿クリーム、フェイスマスク、ハンドクリームなどもラインナップとして揃っています。

ナールスは質の高いエイジングケア化粧品の1つです。

エイジングケアを考える際にナールスゲン配合のエイジングケア化粧品を考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ナールスのエイジングケア化粧品の特徴についてご紹介しました。
また、その主要成分であるナールスゲンと1番人気のエイジングケア化粧水「ナールスピュア」についてもご紹介しました。
いかがだったでしょうか?
ぜひ、美肌のためにお試しくださいね。

カテゴリー
未分類

エイジングケアはを本気で学ぶならナールスエイジングケアアカデミー

エイジングケアを学ぶなら「ナールスエイジングケアアカデミー」

30代以上の女性をターゲットにした、テレビ、雑誌の広告や美容記事で目にしないことが無いほどのテーマと言えば、なんでしょうか?

それは、エイジングケアでないでしょうか?

どんな女性も、30歳が近づいてくると、気になるにはお肌のハリやツヤの低下。

20代は、ピンとはって、ぷりぷりのお肌だったのに・・・

でも、今はハリもツヤも何だか減ってきたかも。

そんな風に思う女性も多そうですね、

さらには、小じわ、シミ、くすみ、たるみ、ほうれい線なども。

そんなときに頼りになるのが、エイジングケア化粧品。

でも、エイジングケア化粧品だけでは、エイジングケアは難しいのです。

なぜなら、老化の原因をエイジングケア化粧品だけでは対策できないからです。

表皮の乾燥などは、エイジングケア化粧品で対策可能です。

しかし、お肌の老化は乾燥以外にも細胞の酸化や糖化、ホルモンの減少などといったことなども。

そんなエイジングケアのABCをしっかり学ぶなら、「ナールスエイジングケアアカデミー」がおすすめです。

エイジングケアが気になる女性

ナールスエイジングケアアカデミーのコンテンツは

ではナールスエイジングケアアカデミーのコンテンツはどんなものがあるのでしょうか?
ナールスエイジングケアアカデミーは、お肌のエイジングケアを始めコスメやスキンケア化粧品の情報を幅広く配信しています。さらに、全身、頭皮、眼、歯などのアンチエイジングや健康に関する情報も配信しています。

たとえば、肌悩みなら、次のようなテーマがあります。

・インナードライ肌
・くすみ
・目の下のクマ
・しみ
・しわ
・顔・頭皮のたるみ
・ほうれい線
・毛穴
・手荒れ
・乾燥肌
・敏感肌
・紫外線ダメージ
・薄毛
・その他のお肌悩み

それぞれについて症状、原因、スキンケアやエイジングケアの対策、食べ物などで改善する方法がとても詳しく掲載されています。

また、化粧品については、エイジングケア化粧品、化粧水、美容液、保湿クリーム、酵素洗顔、ハンドクリーム、フェイスマスク、ほうれい線化粧品、コラーゲン化粧品、メイク化粧品、洗顔・クレンジング、オールインワン化粧品、その他の化粧品とアイテムがたくさん紹介されています。

それぞれ、年代別や季節別、肌悩み別の選び方、おすすめ、使い方が紹介されているのです。

まさにエイジングケアの百科事典のようです。
ほかにも動画ページ、ニュース、書籍紹介、レビュー記事もある上に美容クリニックやエスティックサロンの施設検索もできるのでとても便利です。
ぜひ、ナールスエイジングケアアカデミーを活用して健やかな美肌を目指しましょう。

まとめ

エイジングケアのABCをしっかり学ぶメディア「ナールスエイジングケアアカデミー」をご紹介しました。
いかがだったでしょうか?
スキンケアやエイジングケアから全身のアンチエイジングまで幅広く紹介されています。
ぜひ、上手に活用しましょう。

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。