ファクタリング会社はよく比較してから利用しよう

緊急の資金調達「ファクタリング」をお考えでしょうか。こちらは、企業の経営者の方がご覧になっているかと思います。

資金繰りが苦しい、その思い非常に大変であることをお察しします。

昨今の環境は、少子高齢化や増税による消費者心理のなどによって規模を問わず、ほとんどの業種において企業経営にとっては厳しい境遇にあります。

そのあおりで取引先の倒産や資金ショートなど珍しいことではありません。ファクタリングは、目先のつなぎ資金が必要になったときには非常に重要な手段であることは間違いありません。

金融機関として代表的なものは言うまでもなく、銀行です。しかし、銀行はまったくといっていいほど機能していません。

必要な時には貸してくれないのです。必要でないときには、借りてくれと営業に来るのですが。それは、半沢直樹のドラマでも表現されていたことでもあるので記憶に新しいことかと思います。

銀行では担保があれば、融資は受けられますが、なければお断りになることがほとんどです。企業の業績や将来性ではなく、銀行自身が損しないように取りぱぐれないことを考えているだけです。

事なかれ主義の銀行マンのする仕事だから仕方ないと言えば仕方ないのですが。

そうです!中小企業、零細企業が本当に困ったときの救世主は「ファクタリング」なのです。それ以外に考えられません。

知人や、友人、親戚などに頼むのも関係が悪くなるのでやめておいた方が良いでしょう。お金のもめごとは後々大きなトラブルになりえます。

怖い話になりますが、日本においては、殺人事件の多くがお金がらみなのです。なるべく、周りの人とはお金の貸し借りはしないほうが身のためでもあります。

「ファクタリング」とは、「売掛金を現金化」することです。売掛金は先々に入ってくるお金ですが、それまでの運転資金がなくなることは会社を経営する上でよくあることです。

別名「売掛債権買取(譲渡)」とも呼ばれており、入金予定の売掛債権をファクタリング会社に引き渡すことで、すぐに現金を手に入れることができるのです。

銀行の融資による資金調達は、時間のロスもあります。その間に支払期限が迫ってくるのです。そして、審査にはなかなか通りません。

まったくあてにならない話です。その点、ファクタリングでしたら、入金サイクルの長い業界を救ってくれる有効な手段になりえるのです。

黒字倒産、ほどばかばかしいものはありません。継続していればきちんと稼げる商売をやめなければならないのです。たかが、一時の資金状況の悪さのみの為にです。やってられませんね。

売掛金を現金化することで、すぐに資金難によるピンチを脱することができるのです。

そして、有利子負債ではないため、金利コストも発生することがありません。

また、ファクタリングは、手形割引とは違います。この点は少し難しいのですが。

どこが違うのかいいますと、売掛金そのものを売却して譲渡してしまうために手形とは違い、「不渡り」のリスクがありません。

実は、不渡りを回避するためにファクタリングをりようしている会社も少なくはありません。

このようにファクタリングはとても有効な資金調達の手段です。

ファクタリングを利用される場合には、まずは各ファクタリング会社をよく比較して検討されることをおすすめします。

何が違うのかというと、「手数料」はもちろん、対応スピードや取扱業務の範囲といったところがもっとも大きな点でしょうか。あとは、営業時間も違います。

また、運営実績や評判についてもチェックしておくとよいでしょう。

具体的には、ファクタリング会社の比較を参照するととても便利です。

こちらにてよく比較検討して、間違いのないファクタリング会社選びをしてください。

一次的な資金難など、大した話ではありません。すぐに脱して、健全な企業経営をしてください。

貴社の益々のご発展をお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です