カテゴリー
未分類

多くの浮気調査を行ってきた探偵だから分かる浮気する女の特徴

結婚をする時には、浮気をされることなど考えてない方が多いと思いますが、浮気は決して他人事の問題ではありません。
各種アンケートを見てみるても、男女ともに30~40%の人に浮気経験があると結果が出ており、浮気経験者の男女差は殆どないことが分かります。
男性は浮気の経験を友人に話す傾向にありますが、女性は浮気をしていても隠す傾向にありますし、浮気をしたことを異性に話す女性は少数であることから、浮気は男性がするものと勘違いしている人も多いかもしれません。
しかし、浮気は男女間で行われるものですので、浮気経験者の割合に男女差が無いことも納得できるのではないでしょうか?

もう一つの問題として、男性の浮気は体の関係が目的の割合が高く、恋愛感情が無い女性であってもチャンスがあれば体の関係を持とうと考える方が多い傾向にあります。それに対して、女性の浮気は恋愛感情がある本気の浮気の割合が高く、浮気の解消が困難な場合が多い傾向にあります。
つまり、女性よりも男性の方が、結婚相手の浮気には注意する必要があると言うことができるのではないでしょうか。

浮気をする女性を見分けることは難しいかもしれませんが、多くの浮気調査を行ってきた探偵からすると、浮気をしている女性には一定の特徴や傾向が有るそうです。
今回は、現役の探偵からお聞きした浮気する女の特徴をご紹介したいと思います。
お話をお聞きしたのはこちらの探偵事務所になります。

探偵 名古屋調査室ai | 浮気・不倫調査が格安&真摯な対応

恋愛経験が多い女性は浮気をする可能性が高い

男女ともに言えることですが、異性と話をしたり一緒にいるだけでドキドキしたり心地よい感覚になることは誰にでも経験があると思います。また、好意を持った異性に対しては、この感情はより大きくなります。
この恋愛感情がどうして起こるのかは科学で解明されており、脳内に分泌されるフェニルエチルアミンと言うホルモンにより引き起こされていることが分かっています。
このフェニルエチルアミンは、一種の脳内麻薬のような作用があり、フェニルエチルアミンが分泌されると人はとても心地よく快感を感じることが分かっています。
つまり、恋愛が好きな女性は、フェニルエチルアミンの影響を大きく受け、恋愛を非常に快感に感じていると考えることができます。
ここで問題になることとして、フェニルエチルアミンは同じ異性に対しては徐々に分泌されなくなることが分かっていて、2年前後で恋愛感情が無くなってしまい同じ異性に対して快感を感じられなくなってしまいます。しかし、異なる異性に対しては、新たにフェニルエチルアミンが分泌されるため、異なる異性に対して快感を感じてしまうことになります。
恋愛経験の多い女性は、フェニルエチルアミンに作用によって恋愛を快感に感じていると考えることができますので、結婚後に期間が経って旦那にトキメキを感じられなくなると、他の異性にトキメキを求めてしまう傾向にあるのではないでしょうか。
このことから、2年前後の期間で交際相手が変わってきた過去がある女性は注意が必要なのかもしれません。
また、遊んでいた女性とは結婚したくないと言う男性の心理は間違っていないのかもしれません。

一人っ子や末っ子は浮気をする確率が高いと言える

実際に探偵が浮気調査を行った結果でも、一人っ子や末っ子が圧倒的に多い印象があります。
心理学の世界でも、子どもの生まれた順番によって性格に違いがあると言われており、主に育ってきた環境が影響していると考えられています。
一人っ子や末っ子は、甘やかされて育った人が多いことからか、自己中心的やわがままな性格に育ちやすいと言われています。もちろん、一人っ子や末っ子にも良い所はありますので一概に否定する訳ではありませんが、浮気に関しては注意が必要なのかもしれません。
結婚生活が長くなれば、誰もが1度や2度は浮気をするチャンスがあったり、浮気をしたいと考えることもあるでしょう。しかし、浮気をすることのリスクや相手の気持ちを考えて、浮気をしていない方が多いと思います。
浮気がなぜいけないのかと言えば、配偶者だけでなく最終的には浮気相手も傷つけてしまい、誰一人としてメリットが無いからではないでしょうか?
つまり、浮気をする人は、どれだけ言い訳をしても、相手の事よりも自分の欲求を優先していることに違いなく、自己中心的やわがままな人であると言うことができます。
もちろん、生まれた順番だけで性格が決まる訳ではありませんが、一人っ子や末っ子と交際している人は、その人の性格を観察してみると良いかもしれません。

浮気をする人が多い職業がある

職業は自分で決めている人が多いので、職業と性格の間にはある程度傾向が有ると考えて良いでしょう。
職業を選ぶとき、多くの方は好きな仕事を選んだり、自分にできそうな仕事を選ぶと思います。例えば、人と接することが嫌いな人が営業などの仕事を選ぶことは少ないでしょうし、向上心よりも安定を選ぶ人がベンチャー企業などは選ばないでしょう。
また、職場では同僚や取引先などの人と長時間一緒に居ることになりますので、周りの人の影響を受けて価値観が変化することもあるでしょう。

水商売で働いている人や過去に働いていた方は、浮気をしている人が多いと言えます。
もともと、男性が苦手な方が水商売に付くことは少なく、基本的に男性が好きな方が多い事が原因の一つではないでしょうか?また、水商売の女性は、お客さんや同僚などの周りの人も浮気をしている人が多い環境であり、浮気は特別なことではなく抵抗が無い方が多い特徴もあります。

一見固そうに感じる職業である、公務員、銀行員、営業職なども浮気が多い傾向にあります。これらの職業でも、周りに浮気をしている人が多い事から、浮気に対する抵抗感が少ないのかもしれません。

親が離婚をしている女は浮気をする人が多い

多くの浮気相手を見てきた経験から、浮気をしている女性の親が離婚をしていることが多いと言えます。
親と子どもは別だと言う意見もありますが、親と子どもは遺伝的にも環境的にも性格が似ていて当然です。
離婚をする原因は浮気とは限りませんが、夫婦仲が悪くなって離婚していることが大半であることから、その子供も夫婦仲が悪くなる可能性が高いのかもしれません。夫婦仲の悪さは、浮気をする大きな原因になりますので、結果として浮気をする人が多くなることも理解できるのではないでしょうか?
また、離婚をしている親は、子どもに対して離婚をして幸せになったと話していることが多く、その話を聞いて育った子どもはが離婚をすると幸せになれると考えてしまうのかもしれません。
ただし、親が離婚をしている女性が全て浮気をする訳ではありません。探偵の経験上、離婚の原因が相手にあると考えている親に育てられた子供には注意が必要と感じます。離婚原因は色々あるかもしれませんが、多くの場合で些細な原因から夫婦仲が悪化しており、片方のみに離婚原因の全てがあることは稀です。自分にも多少なりとも非はあると認めずに、全て相手の責任にする性格は浮気をする可能性が高い人と考えることができます。

SNSなどが好きな女性は浮気をする人が多い

これはよく言われる話ですが、SNSが好きな人は承認欲求が強いと考えられています。そして、浮気をする人も承認欲求が強いと言われていますので、共通の性格であると考えることができます。
実際に、探偵もSNSを利用して調査をすることは少なくないのですが、浮気をしている女性がSNSを頻繁に利用しているケースは非常に高いと言えます。
ただし、現在では多くの方がSNSを利用しています。浮気をしている女性に多いSNSの利用方法の特徴として、インスタ映えなどの言葉あるようにバエる写真をアップしている人、幸せのアピールになる投稿が多い人、高級なアクセサリーや食事など自慢になる内容を投稿している人は、人に認められたい傾向の性格であると言えますので、承認欲求が強い人が多いのではないでしょうか。

不平不満が多い女性は浮気をする傾向にある

不平不満を多く口にする女性は、自己中心的で被害者意識が強い傾向にあります。
不平や不満は誰にでもあると思いますが、よく考えれば仕方がないことが大半なのではないでしょうか?すべてが自分の思い通りになる訳ではありませんし、相手の考えを理解することができれば納得がいくことも多いでしょう。
不平不満が多い女性は、他人のことを理解しようとせず自分の事ばかり考えている人が多い傾向にあります。当然、夫婦や家庭が上手く行かない場合でも、自分では努力をせずに周りの責任にし、自分は浮気に逃げるケースが多いように感じます。
また、このような女性は、浮気をしても反省することはなく、自分が浮気をした原因を他人のせいにする傾向にあります。
多少の不平や不満は誰にでもあると思いますが、常に不平不満を口にしている女性には注意が必要かもしれません。

まとめ

結婚とは一生を大きく左右する大切な決断になりますので、慎重に判断する必要があるのではないでしょうか。
結婚する時には好きな相手と結婚することを幸せに感じるものですが、長い夫婦生活は決して楽しい事だけではなく、夫婦の関係が上手く行かないことも少なくありません。
夫婦関係が上手う行かなくなる原因は浮気だけではありませんが、浮気が原因で離婚をしている人も決して少なくありません。
相手の事をよく知ったうえで、後悔が無い結婚をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA